「満腹ホルモン」・・・って知ってる? 食べても太らない!Part1

こんにちは。遺伝子ダイエットの和田良子です。

 

「レプチン」と言うホルモンを知っていますか?

「満腹ホンモン」のことです。

 

ギリシャ語でλεπτός (leptos・レプトス)は、『痩せる』という意味です。

ここから来ました。

 

なんだか嬉しいホルモンですね\(^o^)/

 

満腹時、体内ではレプチンが分泌されます。

その働きは、

 

・脂肪の分解、燃焼

・エネルギー量のアップ

 

ダイエットの救世主のようなホルモンなのです!

 

では、どのような時に分泌されるのか?

脂肪細胞に脂肪が溜まり始めると分泌されます。

 

なんだか太りそうなイメージですね。

では、もっと分かりやすくお話させて頂きますね。

(出典先:日経スタイル)

 

キャア~難しそう。

なんて逃げないで下さい。

あなたのダイエットを成功させるのに

とても大切なお話ですので。

 

食事を摂る

エネルギーが出来る

脂肪をためた脂肪細胞が

「レプチン」を放出

レプチンが脳に届く

ここからがめちゃ面白いですよ!

 

肥満の人は、沢山食べます。

それも脂物を(>_<)

なので「レプチン」

満腹ですよ。。。と脳に伝えるホルモンが

一杯出るのです。

人間の身体は、素晴らしいですよ。

 

脳は、あまりのレプチンの多さに

驚いて「そんなにいりません」

と防波堤を作りシャットアウトします。

(出典先:ピコドライブ)

これを「レプチン抵抗性」と言います。

 

防波堤が出来れたどうなるか?

分かりますよね。

満腹ホルモンが脳に届きません。

結果、食欲が止まらなくなります。

キャア~怖い。怖い。

 

では、健康体の人は?

防波堤がないので

「満腹ですよ」と知らせる

レプチンが脳に届くのです。

結果、腹八分目でも満腹感を得ることが出来るのです。

(出典先:アフリカンマンゴーの効果やサプリメント紹介)

 

なんだか皮肉ですね。

満腹になっても「脳」が満腹だと判断しない。

腹八分目だと「脳」が満腹だと判断する!

 

腹八分目しよう!

とあなたは決心出来ましたか?

 

明日は、「満腹ホルモンをどやって適度に出すか!」

をお届けさせて頂きます。

 

お楽しみに(^_-)-☆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です